表紙をクリックすると裏表紙が現れます。
頁数の後には再録元を記載しました。
発表名義が異なる場合は、誌名の後の( )内に記載しました。
また、作品が改題された場合は、原題を[ ]内に記載しました。


別冊幻影城岡田鯱彦表紙 1978 Jan. No.15
別冊幻影城1月号岡田鯱彦薫大将と匂の宮・樹海の殺人

表紙デザイン/目次レイアウト=池田拓/表紙イラストレーション=山野辺進/本文イラストレーション=東啓三郎・山野辺進/カメラ=春田清暢

第四巻第一号/定価1000円/昭和53年1月1日発行(隔月刊)/編集人=島崎博/発行人=滝井圀夫/印刷人=鈴木勲/印刷所=東京ベル印刷・真生印刷/発行所=幻影城


  創刊のことば 「別冊幻影城」編集部 1    
薫大将と匂の宮 前書 一千年前の探偵小説 岡田鯱彦 13 宝石 1950年(昭25)4月号
第一章 宇治の川霧 19
第二章 浮舟の変死 24
第三章 薫大将の苦悩 31
第四章 中君の変死 37
第五章 匂いの秘密 46
第六章 死霊の陳述 55
第七章 第三の犠牲 66
第八章 凶器の発見 71
第九章 清少納言の挑戦 82
第十章 薫大将の語る真相 90
第十一章 宇治橋の「三の間」 96
第十二章 覆える真相 102
第十三章 矛盾の追及 109
第十四章 薫る夜霧 117
岡田鯱彦・
人と作品と資料
         
評論 岡田鯱彦氏の業績 (評論) 中島河太郎 344 春陽堂
「長篇探偵小説全集14
樹海の殺人」
1957年(昭32)5月刊
資料・
岡田鯱彦書誌
作品目録 島崎博・編 346    
著書目録 島崎博・編 349    
アルバム 王朝ミステリーの異才・岡田鯱彦
(探偵作家アルバム(15))
写真解説・
岡田鯱彦
5    
樹海の殺人 一 不思議な翳り 岡田鯱彦 121 春陽堂「樹海の殺人」 1957年(昭32)5月刊
二 田島亮の日記 i 136
三 田島亮の日記 ii 145
四 碁会と実験室 155
五 よすぎた幸運 167
六 殺人方法を看破? 177
七 脅迫状 189
八 媚めかしき女臭さ 199
九 冷めたい雨 206
十 ○○の風穴 213
十一 怪しい奴ばかり 218
十二 「ふう公」探訪 228
十三 黒い人影(?) 239
十四 美しい裸女 248
十五 眠っている間に 254
十六 逃がせぬ機会に 263
十七 禿鷹の貪欲さ 270
十八 石花海跡 278
十九 女の大芝居 281
二十 ボストンバック 292
二十一 謎を解く鍵 299
二十二 地球は回る 313
二十三 愛憎の相克 328
  編集後記 T 352    

表紙へ戻る進む